コンタクト

メールアドレス:
アドレス(URL): http://tetsuya-tuba.cocolog-nifty.com/blog/
居住地: Japan

自己紹介文

大塚哲也(おおつか てつや)


1973年 千葉県東金市生まれ。東金市立丘山小学校にて、金管バンドでテューバをはじめる。
1985年 東金市立東金中学校に入学。吹奏楽部に在籍し、全国大会に出場する。
1988年 千葉県立成東高等学校に入学。
1990年 千葉県管打楽器ソロコンクールテューバ部門第1位入賞。
1991年 東京芸術大学音楽学部器楽科テューバ専攻入学。
1992年 第9回日本管打楽器コンクール第5位入賞。
1995年 同大学卒業。東京芸大推薦新人演奏会に出演。同大学大学院に入院。
1996年 NHK・FMリサイタルに出演。
1998年 同大学院修了。(財)仙台フィルハーモニー管弦楽団に入団。第15回日本管打楽器コンクール第3位入賞。吹奏楽誌「バンドピープル」の誌上セミナー講師をつとめる。
1999年 東金市立北中学校の校歌を作曲する。
2001年 第18回日本管打楽器コンクール第2位(日本人最高位)入賞。
2002年 (財)アフィニス文化財団の派遣により、アメリカ・シカゴへ1年間留学。吹奏楽誌「バンドジャーナル」の誌上セミナー講師をつとめる
2005年 大阪にてマスタークラス開催
2007年 (財)仙台フィルを退団。(財)東京フィルハーモニー交響楽団に入団。
 
これまでに、スタジオ・ワークとして映画音楽「ゴジラ」、「ハウルの動く城」、「マリと子犬の物語」、「私は貝になりたい」、「ウルルの森の物語」やTVドラマ音楽、ゲームソフト、CM音楽等の録音をおこない、仙台フィルとは数回にわたってR.V.ウィリアムズ、グレッグソンとJ.ウィリアムズの作品を共演した。また札幌交響楽団、群馬交響楽団、NHK交響楽団、日本フィル、新日本フィル、東京都響、東響、東京佼成ウィンドオーケストラ、シエナ・ウインド・オーケストラ、東京シティフィル、読売日響、ニューフィル千葉、九州響の各オーケストラに客演している。
1994~1998年まで東金吹奏楽団常任指揮者を、1993~2002年まで千葉県立成東高等学校吹奏楽部コーチをつとめた。また、仙台フィル在職中は仙台ジュニアオーケストラの講師をつとめた。
これまでにテューバをレックス・マーティン(ノースウェスタン大教授)、ジーン・ポコーニ(シカゴ響)、フロイド・クーリー(元サンフランシスコ響)、マイケル・ロイランス(ボストン響)、ロジャー・ロッコ(バンダークック大)、多戸 幾久三(元N響)、稲川榮一(元ケルン市立歌劇場・元東京芸大教授)、舟越道郎(元九響)の各氏に、室内楽を関山幸弘氏(N響)に師事。また、テューバを佐藤潔(都響)、小倉貞行(佼成ウィンド)、荻野晋(東フィル)、ジム・セルフ(ハリウッド・スタジオアーティスト)、ハンス・ニッケル(ケルン放送響)、ロジャー・ボボ(元ロスアンジェルス・フィル)、パトリック・シェリダン(ソリスト)、ダニエル・ペラントーニ(インディアナ大)の各氏に、室内楽をロルフ・スメドヴィック(エンパイア・ブラス)、ティモシー・モリスン(元エンパイア・ブラス)、デヴィッド・オハニアン(元カナディアン・ブラス)の各氏に指導を受ける。
 現在、(公財)東京フィルハーモニー交響楽団テューバ奏者。エマーノンブラスクインテット、Tuba-labo.のメンバー。船橋吹奏楽団音楽監督。日本ユーフォニアム・テューバ副理事長。東邦音楽大学・武蔵野音楽大学非常勤講師。なにわ《 オーケストラル》ウィンズメンバー。千葉県市川市在住。


使用楽器


C管 


Meinl-Weston2145 (3/4)
Yamaha-YCB623 (3/4)
Meister-Anton431GB (4/4)
Rudolf-Meinl (5/4)
Meinl-Weston2165 (6/4)
Walter Nirschl-York (2000) (6/4)


F管


Meister-Anton 442
Alexander (old)
Yamaha YFB-822S (1992)


チンバッソ


Thein (2009)


マウスピース


Meinl-Weston2145:G&W-Kronos
Yamaha623:G&W-Kronos
Rudolf-Meinl:G&W-Williwaw
Meinl-Weston2165: G&W-AlanBaer MMVI, G&W-Williwaw
Walter Nirschl-York: G&W-Williwaw
Meister-Anton (C): G&W-Kronos, G&W-Matanuska
Meister-Anton (F): G&W-Kronos, G&W-Churada
Alexander:G&W-Kronos
Yamaha: G&W-Kronos,Churada
Cimbasso:G&W-Churada


Tetsuya Ohtsuka (Tuba)


Testuya was born at Tohgane, Chiba in 1973. He started playing the tuba at elementary school. His middle school made the final of all Japan Band Competition and he won the first place in the wind and percussion solo competition in Chiba when he was a high school student.

He attended Tokyo University of Arts and he was fifth place in the Japan Wind and Percussion Competition. Since then he distinguished himself as a brilliant player.

He finished his Master degree there and joined Sendai Philharmonic after graduation. He was third place in the 15th Japan Wind and Percussion Competition and second place in the same competition.

Tetsuya studied with Ikumitsu Tado (former principal tuba at NHK Symphony Orchestra) and Eichi Inagawa (Professor of tuba at Tokyo University of Arts, former tuba player in Oper der Stadt Koln)


Tetsuya studied in Chicago for one year as a dispatch of Affinis foundation. He took lessons from Rex Martin (professor of tuba at Northwestern University), Gene Pokorny (principal tuba at Chicago Symphony Orchestra), Floyd Cooley (former principal tuba at San Francisco Symphony Orchestra), Mike Roylance (principal tuba at Boston Symphony Orchestra) and Roger Rocco. He studied with them not only tuba performance but also brass teaching method.

After staying States, he moved to Tokyo Philharmonic Orchestra and performed many of great conductors including Cheong Myeonghun. Also as a member of the resident orchestra at New National Theatre, he has wonderful opera and ballet experience.


Tetsuya does not remain in his present post. He also performs as a studio artist and recorded a lot of movie music, TV music and game music. Also as a chamber musician he is a member of Emanon brass quintet and Tuba-labo.

As a soloist, Tetsuya regularly performs solo works. He played concertos by R.V. Williams, E. Gregson and J. Williams with Sendai Philharmonic Orchestra. He plays many orchestra and wind ensembles in Japan as a guest artist.


As a teacher, Tetsuya is very active person. He made many students succeeded. Tetsuya had many master classes all over the place and he gave lessons in Korea in 2008. He teaches at Toho College of music since and Musashino Academia Musicae.


As a conductor, Tetsuya conducts amateur wind ensembles and trained them frequently. Now he is music director of Funabashi Wind Ensemble which founded 1955 in Chiba.


興味のあること

ダイエット、ジム、パソコン、クルマ、料理。